1970年代の末頃、ほんの短期間だけ製造されていた日本製(というか大阪製)コンパクト・エフェクター、Big Jamの特集コーナー、まずは製品ラインナップのご紹介。ブランドが存在していた期間が短いので製品数も少ないです。


現在確認出来ているのは以上の16アイテムのみ。おそらくこれで全てでしょう。
その他、専用の電源付きエフェクター・ボード(定価¥27,000也)や、一品製作のショー・モデルですが「トランクのような外観で丈夫にパッチ用のジャックが並んでいて、更に接続順がデジタル表示される」という凝った作りのボードが存在したようです。

2006/09/27
(改)2007/11/15


【Big Jam】のトップに戻る

inserted by FC2 system